研修会

研修会

こちらは精神保健に関する専門家、職業上守秘義務を負っている方を対象とした研修会となります。

分類研修日研修会参加費
研究会 2016年9月〜2017年6月(全10回)19:00〜21:00
第5回 北山修 精神分析的臨床セミナー 〜事例から理解へ、理解から理論へ〜 \50,000(全10回)
セミナー 2016年6月〜2017年3月(全8回)17:30〜20:00
本年度の申し込み受付は終了致しました。
第20回 成田善弘 精神療法ケースセミナー\50,000(全8回)
研究会 2016年5月〜2017年3月 毎月第2金曜日 19時〜20時30分(初回のみ第1金曜日)
本年度の申し込み受付は終了致しました。
次回の受付は2017年4月頃より募集予定です。
グループアナリシス研究会体験グループ\30,000(全10回)
講座 2015年10月〜2016年7月
毎月 2回 (全20回)
本年度の申し込み受付は終了致しました。
次回の受付は2017年8月頃より募集予定です。
第25回 地域精神保健講座 \61,800(全20回・合宿の宿泊費等は別途)
研究会毎月 第1火曜日 19:00〜21:00
※1,5,8月はお休みです。
精神療法研究会\2,000/回
研究会H27年4月〜H28年3月 毎月第3金曜日19:00〜20:30
グループ研究会\2,000/回(参加会費制)
研究会 不定期開催 19:00〜21:00
東京福祉社会療法研究会\1,000/回
研究会毎月第2火曜日 19:00〜20:30
311大震災について語るグループ\2,000/回
境界線

第5回 北山修 精神分析的臨床セミナー 〜事例から理解へ、理解から理論へ

日付: 2016年9月〜2017年6月(全10回)19:00〜21:00
お申込: こちらより申込書をダウンロードの上、FAXでお申込みください。(郵送も可)
会場:錦糸町北口ビル(錦糸町クボタクリニック)5階 錦糸町小ホール
対象者:心理・精神科臨床に携わっている方。職業上守秘義務を負っている方。
参加費: \50,000(税込)
担当:関百合・岩井昌也・高橋知佐
連絡先:有限会社クボタ心理福祉研究所 03-3623-1835

セミナー日程

    2
    0
    1
    6
    第1回 9月26日(月) 北山先生による講義と討論 T
    第2回 10月17日(月) 北山先生による参加者の事例検討 @
    第3回 11月21日(月) 北山先生による講義と討論 U
    (終了後に懇親会)
    第4回 12月19日(月) 北山先生による参加者の事例検討 A
    2
    0
    1
    7
    第5回 1月16日(月) 北山先生による講義と討論 V
    第6回 2月20日(月) 北山先生による参加者の事例検討 B
    第7回 3月27日(月) 北山先生による講義と討論 W
    第8回 4月17日(月) 北山先生による参加者の事例検討 C
    第9回 5月15日(月) 北山先生による講義と討論 X
    第10回 6月19日(月) 北山先生による参加者の事例検討 D

※主催者側の都合によりやむを得ず日程や会場を変更することもあります。

境界線

第20回 成田善弘 精神療法ケースセミナー

日付: 2016年6月〜2017年3月(全8回)17:30〜20:00
お申込:本年度の申し込み受付は終了致しました。
会場:錦糸町北口ビル(錦糸町クボタクリニック)5階 錦糸町小ホール
対象者:心理・精神科臨床に携わっている方。職業上守秘義務を負っている方。
参加費:\50,000
締切: 2016年6月11日
担当:東健太郎・徳重美保子・岩崎大輔
連絡先:有限会社クボタ心理福祉研究所 03-3623-1835
  • ●受講生の事例報告を各回1例ずつ丁寧に検討していきます。
  • ●講師が司会と討論者をつとめ、参加者と対話をしながら進めていきます。
  • ●事例の見立てや介入のコツなどについて、講師より臨床経験に根ざした基礎的かつ実際的な助言・討論を行います。
  • ●初心者・経験者を問わず、現場の臨床に携わる皆様の積極的なご参加をお待ちしております。
  • ●全8回のうち1回は成田先生の講義となります。

第20回 成田善弘 精神療法ケースセミナー日程

    第1回 2016年 6月25日(土)
    第2回 7月23日(土)
    第3回 8月27日(土)
    第4回 10月22日(土)
    第5回 11月26日(土)
    第6回 2017年 1月28日(土)
    第7回 2月25日(土)
    第8回 3月25日(土)

※主催者の都合によりやむを得ず日程や会場を変更することもあります。

境界線

グループアナリシス研究会体験グループ

日付: 2016年5月〜2017年3月 毎月第2金曜日19時〜20時30分(初回のみ第1金曜日)
お申込: 本年度の申し込み受付は終了致しました。
次回の受付は2017年4月頃より募集予定です。
会場:錦糸町クボタクリニック9階
参加費:\30,000(全10回)
コンダクター:関百合(英国精神療法家協会認定グループアナリティックサイコセラピスト・有限会社クボタ心理福祉研究所カウンセラー・日本集団精神療法学会グループセラピスト/スーパーヴァイザー)
連絡先:有限会社クボタ心理福祉研究所 03-3623-1835 

グループアナリシスはSHフークスが英国で始め、現在英国だけでなくヨーロッパに広く浸透している分析的集団精神療法です。体験グループは主題を決めず、メンバーひとりひとりが思いついたこと、感じたことをその場で言語化するなかで、グループ力動を体感し学ぶ場です。またグループのなかでひとりのメンバーとして感情体験をすることで、臨床現場での集団力動や個人力動の理解に役立てていただきたいと思っています。医療、教育、福祉等、様々な臨床現場のなかで、グループワークに従事している方、グループに興味のある方を対象にしています。

境界線

第25回 地域精神保健講座

日付: 2015年10月〜2016年7月 毎月 2回 (全20回)19:00〜21:00
会場:錦糸町北口ビル5F 錦糸町小ホール
対象者:地域精神保健に携わる専門家の皆様
定員:25名での1年間コース(定員になり次第締め切らせて頂きます)
参加費: \61,800(全20回・合宿の宿泊費等は別途)
担当: 高橋 馨、高見真理子
お申込: 本年度の申し込み受付は終了致しました。
次回の受付は2017年8月頃より募集予定です。
連絡先: 有限会社クボタ心理福祉研究所 地域精神保健講座事務局 03-3623-1835

本講座は、地域精神保健に携わる私達が身につけるべき基本的な考えを、斯界の第一人者の先生方にわかりやすく講義をして頂いております。また、参加者同士の相互学習を通して、臨床場面での援助のあり方を検討していきます。講義と討論の他に、事例検討、合宿などを企画しております。デイケア、共同作業所、診療所、病院、保健所、自立支援事業所などで働く皆様にとって、またとない学習の機会です。ぜひご参加下さい。

主な講座内容(日程順)
  • 2015年10月23日「オリエンテーション/地域精神保健入門」
    (クボタクリニック院長 窪田 彰)
  • 2015年11月13日「脳科学から見た統合失調症研究の最先端」
    (東京医科歯科大学精神科教授 西川 徹)
  • 2015年11月27日「精神障害者が利用できる福祉制度とこれからの課題」
    (駒木野病院サービスステーション室長 山口 多希代)
  • 2015年12月11日「コミュニティケアに精神療法を生かす/事例検討(1例)」
    (防衛医科大学校病院 心理士・助教 佐藤 豊)
  • 2015年12月25日「精神科薬物療法の実際/忘年会」
    (クボタクリニック院長 窪田 彰)
  • 2016年 1月 8日 「障害者就労をめぐって―発達障害者支援の経験から―」
    (就労移行支援事業所階aien 代表取締役 鈴木 慶太)
  • 2016年 1月22日「グループホームからはじまったコミュニティケア」
    (社会福祉法人巣立ち会理事長 田尾 有樹子)
  • 2016年 2月12日「地域における集団精神療法の生かし方」
    (東京集団精神療法研究所所長 鈴木 純一)
  • 2016年 2月26日「精神科デイケアにおけるスタッフとは」
    (北沢保険福祉センター 心理相談員 栗原 毅)
  • 2016年 3月12〜13日
    「合宿:事例検討(4例)」
    (社会福祉法人サンワーク理事長 松永 宏子)
  • 2016年 3月25日「新障害者総合支援法における地域の実践」
    (障害者支援情報センター所長 進藤 義夫)
  • 2016年 4月 8日「臨床における面接の実際/事例検討(1例)」
    (有)クボタ心理福祉研究所所長 高林 健示)
  • 2016年 4月22日「訪問型サポートの基本と実践」
    (東北福祉大学 S-ACTチーム 梁田 英麿)
  • 2016年 5月13日「発達障害の見分け方と対応」
    (都立小児総合医療センター顧問 市川 宏伸)
  • 2016年 5月27日「日本におけるこれからの精神科看護」
    (日本精神科看護技術協会会長 末安 民夫)
  • 2016年 6月10日「認知行動療法の実際―感情のみかた―」
    (国立精神・神経医療センター 認知行動療法センター長 堀越 勝)
  • 2016年 6月24日「東京における自立支援事業所の現在と未来」
    (NPO法人あおば福祉会 事務局長 田中 直樹)
  • 2016年 7月 8日「相談支援事業とソーシャルワーク」
    (日本社会事業大学 准教授 古屋 龍太)
  • 2016年 7月22日「まとめ/修了パーティー」
    (高林 健示 窪田 彰)
境界線

精神療法研究会

日付:毎月 第1火曜日 19:00〜21:00
※1,5,8月はお休みです。
お申込:随時受け付けております。
ご自由にご参加ください。
会場:錦糸町クボタクリニック5F
対象者:臨床に携わる専門家の皆様
参加費:\2,000/回
担当:高橋知佐・善積知子・飯野綾香
連絡先:有限会社クボタ心理福祉研究所 03-3623-1835

臨床家にとって、自分自身の関わり方を検討することはとても重要なことです。この研究会は、参加者が相互に検討しあうグループスーパーヴィジョンの形式をとっており、カウンセリングや精神療法だけでなく日常の関わりも検討しています。臨床の現場に携わっている方のご参加をお待ちしています。(年に3回 鈴木純一先生にスーパーバイザーをお願いしています)

境界線

グループ研究会

日付: H27年4月〜H28年3月 毎月第3金曜日 19:00〜20:30
会場:錦糸町クボタクリニック
お申込:随時受け付けております。
参加については、お電話でお問い合わせ下さい。
参加費: \2,000/回(参加会費制)
担当:高林健示
連絡先: 有限会社クボタ心理福祉研究所 03-3623-1835

臨床の場ではグループで対象者とかかわることが多く、グループの力動を見ることと、そこに起こる対人交流にかかわっていくことが求められます。この研究会では、グループを実際に体験することによって、グループの見方とかかわり方を学習していきます。

境界線

東京福祉社会療法研究会

日付:不定期開催 19:00〜21:00
お申込:今後の予定を確認されたい方は、高橋 知佐までお問い合わせ下さい。
会場:錦糸町クボタクリニック
参加費:\1,000/回
担当:高橋知佐・藤澤房枝
連絡先:有限会社クボタ心理福祉研究所 03-3623-1835

国内外の精神医療や心理療法に関するホットな話題を選んでいます。講師を囲んでの活発な意見交換があり、知的な刺激にあふれる研究会です。

境界線

311大震災について語るグループ

日付: 毎月第2火曜日
お申込:随時受け付けております。
参加については、お電話でお問い合わせ下さい。
会場:錦糸町クボタクリニック5階
参加費:\2,000/回(参加会費制)
担当:高林健示・高橋 馨・鈴木正枝・関 百合
連絡先:有限会社クボタ心理福祉研究所 03-3623-1835

東日本大震災から3年以上が過ぎました。このグループは、震災後の社会のなかで、他の人とつながりを持つことで状況を捉えなおしていくことを目指しています。興味のある方はぜひご参加ください。

境界線