理事長あいさつ

当院は錦糸町北口にて昭和61年4月に「クボタクリニック」を開院以来、こころの病への治療と地域ケアの充実に努めてまいりました。

当院では医師、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、心理士等、様々な職種の専門家が恊働して患者さんの支援にあたっております。

デイケア部門では、パソコン技術の習得をてこに就労を促進するグループ、保健所の許可を得て食品製造と販売(焼き菓子パインケーキ作りやカレー作り)をするグループ、スカイツリーで販売する手作り品(皮製品やその他小物等)を制作するグループ、従来からある若者向けデイケア、中高年者向けデイケア等、様々なグループを準備することで多くの患者さんのニーズに応えられるよう努めております。

外来におけるコメディカルの相談支援、その他訪問看護、訪問診療も当院の提供できる重要なサポートです。

社会福祉法人おいてけ堀協会とも連携し、長期入院の患者さんの退院促進もお手伝いしております。

以上のように当院では、外来医療・相談支援・デイケア・ナイトケア・ショートケア・訪問看護・訪問診療・相談支援センターにおける地域移行/地域定着支援・カウンセリング・教育研修といった多面的な機能を併せ持つことで、民間の地域精神保健センター的な役割を果たせるような多職種・多機能型の精神科診療所を目指しております。

多様な形で、街の中に小さな拠点を沢山作って、街に溶け込んで行く方向を目指す「錦糸町モデル」と言われる地域ケアのスタイルを定着していくことができたらと考えております。

私たちは、こころの病を持った方たちが、のびのびと自然体で街に暮らせるよう応援していきたいと願っています。

 

                               理事長 窪田 彰